2016年10月27日

焦った!

10/26日(水)
今週はバザー準備週間です。
きょうは、地域会館で提供品の受け取りをしました。
最近は物を贈ったり頂いたりする機会が減っています。
お返しもカタログが増えましたものね。
しかしながら、ありがたいことに、品物が集まってきています。
金曜日の値付けまで収集しています。

     *

買い物をおえて、マイカーのキーをあけようとしたところ、
開きません。
え?
バッグを持っていません。
スーパーのカートにぶら下げたまま駐車場に来てしまったのです。
即座にスーパーに戻りましたがカートは見当たりません。
サービスカウンターへ行くと、
奥の事務室で預かってくれていました。
次のお客さんが気づいて届けてくださったのですって。
焦りました、きっと顔色悪かったと思います。
あれこれ考え事をしていたせいです。
気をつけねば。

 



posted by uskhikidashi at 18:51| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

手が不調

9/29日(木)
有馬の小旅行から帰宅した翌日、月曜日。
夕方、左手手首の少し上に違和感を感じだし、
晩、福祉協議会の定例会から帰宅したら、動かすたびに痛み、少し腫れていました。

翌火曜日は朝から地域のことや家族の用事で電話をかけたりかかってきたり、
出かけたりで動きっぱなしでした。
すると、晩、手の甲全体が赤く腫れ、動かすたびに痛く、日常のあれこれがうまくできません。
これは普通じゃないと、翌水曜日の朝、外科医院へ。
レントゲンは異常なし。
痛風か、菌が体に入って炎症を起こしているかも、とのことで血液検査をしてもらいました。

帰宅後はだんだん痛みがひどくなり、晩はひじのあたりまでだるくて、
からだ全体に倦怠感があって、早めに就寝。

今朝、痛みが少しましです。
薬が効いたのでしょうか。
赤く腫れていはいますが痛みが減ったので気分的にも楽です。
地域活動で〆切事項があれこれあって、
書類を作って地域会館へ行き、区役所へ行き、郵便局へ行き、
その間、予約していた飼い犬はなのシャンプーにも連れて行って、
午後からはエアコンを取り付ける段取りに電気屋さんが来て、
フル回転でした。
が、気づけば手の痛みがぐんとマシです。
腫れは引きませんけど。
何なんでしょうね…。
加齢が原因なのかな?

     *

今週でとと姉ちゃん終わってしまいますね。
きょうの放送、印象に残る回でした。
唐沢さんの演技とその演出。後半のカメラアングルが良くて、7時45分、8時、12時45分と3回見ました。
23時放送分も見るつもり。
花山さんが常子さんに手を振って見送るシーン。
唐沢さんの手の動きと画面の左端に映すアングル。これだけで物悲しさが伝わってきます。
そのあとは空からの、しかも雪降る空からのアングルです。
それだけで泣けてきました。
posted by uskhikidashi at 22:14| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

扉をしめない

10/30日(金)
モズが毎日、隣家のアンテナにやってきて高鳴きをします。
そのたびに庭に出て、モズを観察します。
大好きなんです、モズコ♪(モズオかもしれへんよ、と友人に言われた)
ふっくらしたお腹に、鍵口。そしてなんといっても尻尾!
メトロノームみたいな尻尾。本当にかわいらしいです。

     *

先日、テレビでヒロミさんが奥様の伊代ちゃんのことを話していました。
「扉が閉められない」と。
それって、わたしもなんです。
扉をきちんと閉められないんです。
なぜか隙間をあけてしまうんです。
引き戸だったら、10センチくらい、開けて完全に閉めないのです。
これってなんなんでしょう…
クセなのでしょう。
一度、とらきちさんに「勝手口の物置、だれか侵入した? 隙間が空いてた」
って何度も言うことがあって。
「気持ち悪いねえ」なんて、まさか犯人が自分だとは思ってもいませんでした。
意識してみると、
あれま、わたしじゃないの!ということがわかって。
そのあと意識してみると、
キッチンがいい例です。
あけたら閉めません。食器棚、流し台の扉を!
寝る前に全てしめるんです。
それでも、冷蔵庫の扉だけはちゃんと閉めてます。
というか、開けっ放しだと、最近の冷蔵庫はピイピイ、怒るんですよね。

あ、本箱もしめないわ。
押し入れの扉も、クローゼットの扉も。下駄箱も。

くれぐれも玄関ドアだけは開けっ放しってことがありませんように。
って、
一度ありました。
朝あけたまま、昼過ぎまであけっぱなしってことが…
買い物から帰って、勝手口が開けっ放しってことも。
もっと意識せねばだめですね。
posted by uskhikidashi at 00:32| Comment(2) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

なんやったんやろう?

9/26日(土)
昨日は朝、美容院へ行って、午後からは駅にフルーツを車で送ったついでに、
あれこれ用事を一気に片付け、
3時ごろからパソコンに向かい、
さんぽ、家事、夕食準備、とまあ、普段通りの生活でした。
が、夕方6時ごろ、台所に立って夕食の拵えをしていると、
急に手足の先がずんずんしびれてきて、先だけが白くなってきました。
しかも寒気がしてき、がたがた震えてきます。
低体温になっていくような感じがし、体温を測ると35.8。
平熱は36.2くらいなので、おかしい、と、
すぐに上着を着、白湯の入った湯呑を両手でかかえて、ゆっくり飲みました。
それでも手足の先は白いままです。
ネットですぐに調べると、対処法は温めること、とあったのですぐにお湯につけました。
するとあっという間に元に戻りましたが、ホッとしたのもつかの間。
今度は38.2度の高熱が突然出ました。
これはもうお手あげ。横になるしかありません、とにかくだるい。
氷枕をし床に就きましたが、熱いし、だるいし、あまり寝付けませんでした。
が、朝になったら、平熱に戻っていました。

で、きょうは、フルーツの試合です。
神戸まで、試合観戦に行きました。
会場で、フルーツの高校時代の仲間&その親御さんたちと顔を会わせ、
すごく楽しく、話が弾み、11月に集まることも約束しました。

帰路、ふぁいやーさんに会いに行きました。

というわけで昨日の高熱はどこへやら。
疲れやストレスでしょうか、
とにかく回復したので、大丈夫です。


posted by uskhikidashi at 00:17| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

時間がゆっくりあった

7/23日(木)
朝6時過ぎに飼い犬のはなと散歩に出ると。
辻辻で小学生の声がきこえてきます。
ラジオ体操をするのに出てくるのです。
そうだっけ。夏休みなんですよね。
夏休みと言えば宿題を思い出すなあ〜
最後まで残るのが読書感想文でした。
最近は塾の夏期講習で忙しい小学生の為に
宿題の代行サービスまであるそうですね。
読書感想文は400字詰め原稿用紙一枚6千円くらいだそうで
5枚だと一作品3万円!?
いいお値段ですね。
保護者が子どもの了解も得ずに依頼をして、
夏休みが終わるころには完成しているんですもの、子どもも、「?}ですよね。
筆跡まで似せて、
性格も保護者から聞いてこの性格ならこういう文章を書くなど細部まで
至れり尽くせりのようです。
担任も見ぬいているそうなのですが見て見ぬふりだそうです。
わが子の宿題を手伝ったわたしはまだかわいい方かな?と思えてきました…
自由工作なんて、わたしのほうが楽ませてもらい…(汗)
読書感想文も、誰のだったかな、下書きしたことあったなあ〜

わたしが小学生2年生だったかな、
卵の殻に色を塗って金づちでたたいて細かくし、それを画用紙にノリで貼って絵をかきました。
いろんな色が欲しくて、卵をいくつもいくつも割って。
その晩はきっと母が卵料理をしたのでしょうけど、
怒られませんでした。
ヤクルトの容器でロケットを作りたくて、一日に何本もヤクルトを飲んだりしても
何も言われなかったなあ…。
わたしだったら怒るだろうなあ…。
水槽に土を入れて、砂糖でアリを誘導させ、アリの巣を作ったり、
バケツに水をはって何日も置いて緑いろのドロドロにし、
その中の生物を顕微鏡で見て描いたり。
家族旅行は一冊のノートに旅日記をまとめたり、マップを作ったり。
毎日のように庭でビニールプールに入って、
母について買い物に行けば、乾物屋さんで昆布飴をかってもらい、その場で食べるのも好きだったなあ。
おやつは家でかき氷をかいて、
昼寝もしてた。
夕方は近所の子たちと遊んで。
とか、なんか、時間がいっぱいあったのかな。
思い出すときりがないです。
posted by uskhikidashi at 00:51| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

ギャルママと呼ばれて

7/7日(火)
七夕。
今夜はひこぼし様とおりひめ様、会えずだったのかしら?
空は曇っています。

     *

娘たちのお仲間に、「ギャルママ」と言われています。
娘たちが持っているものがいちいちかわいいらしくて!?
例えば、お弁当グッズ。
スティックに、タッパーに、抗菌シートに、お弁当袋に……。
「かわいい」
「お母さんが買ってきた」
「わあ、パフェちゃんのママ、ギャルやねえ」
といった具合。
また、パフェが教えてくれた店にもわたしのほうがよく行くし、
娘が行きつけのショップへも足を運び、何かしら買います。
そんなわけで「ギャルママ」なんだそうです
気はいつまでも若くいたい現れですかね??

マダムシック
日本、NYに続けてパリでの写真集も発売となりました。
早速観ました。
すてき、こうありたい!
posted by uskhikidashi at 17:00| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

「忙」って。

6/6日(土)
きょうは地域活動関連の書類作りに明け暮れました。
一日中家にいたのに、なんだか忙しかった。
心を亡くすと書いて「忙」
心にゆとりがなくなっていらだったり、挙句、周囲に意地悪をしたり。
最後は自己嫌悪。
こんな負のスパイラルにハマってしまう「忙」
そんなときの魔法の薬は音楽、ゆーみん。
中一に出会って今に至ります。
中でもナンバーワンの曲(個人情報によりタイトルは言えませんが)
どんなシチュエーションで聞いても必ず泣ける。
ハマるフレーズがある。
でも、素直になれる。原点に戻れる。

そういえば、最近よく聞いてるなあ。
「忙」なんだね、わたし。
posted by uskhikidashi at 23:08| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

中学時代の自分を思い出す

1/13日(火)
ご近所さんが「本を見に来ないか?」と誘ってくださりお邪魔をしました。
「知ってる?」と手渡された本は、
OVER60 Street Snap いくつになっても憧れの女性」(主婦の友社)

もうステキすぎ!
わたしもこういう風な遊び心をいつまでも持ちたい。

60歳を過ぎたらこんな感じ?
スカート丈の流行は?
色は?
髪型は?
メイクは?
そんなのどうだっていい、好きなものを身にまとえば!
何だってありなんだ、とページをめくるたびに、
一人一人の個性=それまでの生き方 が、伝わってきて、
ものすごい元気と勇気をもらった!
かくゆう、この本を見せてくださった方もOVER60で、流行にとらわれず、
自分に似合うものを熟知されていて、
自分流スタイルを持たれている。
その本の中に乗っていたカナリアイエローの麻のワンピース(コート風に着こなされていた写真が載っていて)
「黄色の麻、買っちゃった。縫おうと思って」 
ああ、きっとお似合いですよ。

やっぱり足元だなあ〜
かわいい個性のあるタイツやソックス。
そして、歩きやすいペタンコ靴。
いいな、いいな、
歩きやすくて、動きやすくて、窮屈じゃなくて、きつくなくて、着やすくて。
そんな洋服、靴、バッグを身に着けてらっしゃいます。
そして、リメイクされたり、やはり昔の服を大事に大事にされている、その精神も好き!!

あ、とらきちさんの従姉さんも登場してそう。
とらきちさんの親戚には、跳んだ男女がとても多いのです。

わたしは60歳を過ぎたら不良っぽくなりたいです。
中学生のとき、不良(そう呼んでいましたね当時は。今は死後というか差別用語なのでしょうか?)の人たちに憧れて校則ギリギリまで真似ておりました。
スカートのすそは自分で全部ほどいて、ぎりぎりまで長くしたり、
髪はホットカーラーで巻いて(注意されたら濡らせばいいや、位に思ってた)
マディソンバッグは落書きをいっぱいして(笑)
購買部に売っていた白いパンサーシューズは履かず、デッキシューズのひもをわざしないではいていました。
この本を見ていたら、そんな40年前の自分を思い出しました。
大人しい子だったけど、なんか表現したい子どもでした。
posted by uskhikidashi at 23:53| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

だるいと思いきや、そうでもないか。

8/4日(月)
ここのところ湿気のせいか、体が重い。
しゃきっとしない。
しかも、時々來る、とにかく眠たくて眠たくて症候群がきて……。
きのうは20分の昼寝が1時間半ぐっすり眠い(睡眠)

こんな時は、にんにくパワーだ!
都合のいいことに週末だったので、いつもより大量にニンニク摂取しました。
ハーブにつけこんだ豚肉を大量の玉ねぎとニンニクと一緒に痛めたものや、
翌日はそのお肉を卵液につけてピカタに(もちろんにんにくを効かせて)
トマトやナス、キュウリも酢のものにしました。
間のいいことに、しじみが届き、釣り人からはアユをいただき、
ご近所さんからはブルーベリー摘みにいってきましたと、大量のブルーベリーを頂戴しました。
DSC_0384.JPG
やっぱり、食べると次第に元気になります。

ここの所、就寝前にニンニクのサプリメントも摂取。
夕方には、ジョギングで滝のような汗を流し、
朝一番にはマッサージを受け……。
……なわけで、元気です、わたし。
posted by uskhikidashi at 23:45| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

弱音も吐く

6/30日(月)
ことしも半分が過ぎました。
早いです。

先週末の友人たちとの集まり。このメンバーとはお付き合いも長いので、
皆が身の上話をします。
わたしも話の流れで自然としゃべったのですが、
帰宅後、話さなきゃよかった、と後悔をしました。
黙っていればわからなかったのに、と逆に凹んでしまいました。で、翌日、
言い訳じみた補足文を「読み流して」と前置きをしてメールで全員に送りました。
すると、みんなから返事が返ってきました。
違う面から見れば、今、わたしが気になっていることは、いいことへつながるんだ、と気づきました。
そうなんです、つい、目先だけを考えてしまい将来のことを不安に思ったのです。
が、長いスタンスでみれば、今なんてほんの一部。これっぽっちでしかない。
そして立ち止まることは時には必要なのです。自分を見つめ直すいい機会です。
そしてチャンスでもあるのです。
ピンチはチャンスと言うじゃないですか!
今できることをやればいいだけなのです。
そしてトンネルにはかならず出口がある、と。
本当に、色々と気づかせてくれました。
時には友の前で弱音を吐くことがあっていいんだと思った夜でした。

     *

6月のフォトブック届きました。
20140630_223256.jpg
今月はパフェ充てに。
5月に誕生日を迎えた彼女に、今年一年が幸せでありますように、と願いをこめて作りました。
DSC_0258.JPG
写真は21枚選びます。
パフェ充てといいながら、ははは、わたしの写真も掲載したのだ!!

posted by uskhikidashi at 23:18| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

海を眺める

6/15日(日)
朝、ワールドカップを自宅で観戦。
前半16分、本田選手の先制ゴールに「さすがっ!」と手をたたいて喜んだ。
後半逆転されたところで、気落ちしながら車に乗り込み、
わらしべの勉強会へと向かった。
最初、車中でテレビ観戦していたのだけど、アディショナルタイムに入ると、
思わずスイッチオフにしてしまった。
そして、心の中で日本の勝利を願った。
少しして、スイッチオン。
ああ〜〜(涙)
日本選手の顔に喜びの表情はない。
再びスイッチオフに。
落ち込んでいる暇はない、次のギリシャ戦。
必ず勝利してほしい、いや、必ず勝つ。
とまあ、4年に1回、わたしは、にわかサッカーファンになるのです。

     *

わらしべは4作を合評。
それぞれ味の出た作品を読ませていただきワクワクです。

うち1作。自分の幼少のころを思い出す作品がありました。
夏休みになれば、毎年、母方の実家に長期滞在していました。
いとこたちも一斉に集まり、毎日海水浴に虫取り、山歩き、お墓参りと、
一日中遊んでいました。
おやつは祖母が井戸からスイカやメロン(もちろん祖父の畑でとれたもの)を吊し上げてくれ、
土間で(土間って夏でもひんやりしていました)食べました。
花火をして、五右衛門風呂にはいって、お便所はもちろん外です。
窓は開けっ放し、蚊帳の中で寝ます。外は月明かり、星が怖いくらいに瞬いています。
流れ星も見ました。

祖母の家の縁側から海を見下ろすのが好きでした。
ただ、ぼーっと見るのが好きでした。
水平線の向こうはどうなっているんだろう、とずっと考えていました。
小2の頃でした。
従兄から「船がすーっと水平線の向こうに飲まれていったの見たよ」と聞いて驚き、
絶対に見たいという思いもあったのでしょう、
毎日、眺めていました。
残念ながらその景色は見ることができませんでしたが、
あとで地球が丸いってそういうことだったんだ、と、理科の教科書だったかな、
なにかで目にし納得したことを思い出しました。

今はわたしもいとこたちも、いいおっちゃん、おばちゃんです。
最近は、おじおばの葬儀で会う、と言う感じですが、
やっぱりその幼少期のことが皆の心のもとにあるんです。
思い出話に花が咲いたりして、
いとこ会をしたいな、なんて思います。
祖母の家はまだあるので、そこでね。

そうだ、そのとき着ていく洋服、
わたしと妹の服を母が毎年のように縫ってくれました。
わたしが幼少のころは、お出かけの服、と言うのがあったのです。
夏休みに母に新しい洋服を縫ってもらえる、それも非常に楽しみでした。

と言うわけで、きょうはノスタルジックな思いにふけました。
posted by uskhikidashi at 23:49| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

夢は膨らみ。

3/18日(火)
やっぱり下宿屋さん、やってみたいです。
とらきちさんは今、隔離状態です。
客間に布団を敷いて寝ています。
日に数回喚起をしに行き、、ごみ箱の中のごみを処分し、
食事、おやつ、飲み物などを運んでいます。
3度の食事は、トレイにあれこれ乗せて定食のようにします。
それが、楽しくて。(なんて言ったら、怒られるね)
近い将来、
こどもたちが巣立って、とらきちさんと二人になったら、
(おそらく、とらきちさんは外に向いていくでしょうから不在がち)
わたしは下宿屋のおばちゃん、もしくはご飯屋さんをしたいです。
あ、
夢見なことばかり、いい面ばかり見てはだめですね。
でも、想像することはOKですものね!!
実現が無理だったら、物語の中で夢を見たいなあ〜なんて、思います。
どんな下宿人がくるかしら?
朝夕ご飯つきにしましょう。
洗濯は?
お風呂は?
キッチンは?
えっとえっと…。

     *

朝、娘たちが出かけたら、晩までずっととらきちさんと二人っきりでした。
が、彼は客間でこもっていますので、
朝ごはん、昼ごはん、おやつタイムは同じ時間なのに
別々の部屋でとりました。
笑えます、この絵。
薬で熱が下がっているので、かわいそうなくらい退屈をしていました。
元々部屋でじっとできない人なので。

     *

わたしも、リビングにこもってた。
ずっと書いてた。
でも、肩が凝りすぎて、気分が悪くなり、
夕方、ジョギングに出ました。

     *

あしたから、黄砂が飛んでくるらしいですね。
黄砂、苦手なので、いやだな。いやな季節が巡ってきました。


posted by uskhikidashi at 22:44| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

セーブせよ!

3/2日(日)
フルーツはきょうから沖縄合宿です。
出かける前にパンプスがないと言いだし、
「なんで、昨日から用意しとかへんの!」とプリプリしながら、
刻一刻と迫る時間と闘いながら、下駄箱の中をこれでもない、あれでもないとひっくり返し、
半分パニックになりながら、
あちこちさがすことひたすら。
「あった!」フルーツが見つけた!
(思い出した。昨年夏のことです。
滅多にはかないから箱に入れてしまおうと思ったところに、
用事が出来たんでしょう、そのあと、パンプスのことなど吹っ飛んで、
きょうに至るまで、物入れの中の古いグローブの上にぽんっと置いたままでした。
犯人はわたくしでした。よく見つけたね、フルーツ)
で、車で駅まで送りました。

慌てたうえに、あれこれ動いたので、
むかむかしてきました。
昨夜のアルコールが体に残っていて、非常に気持ちが悪くなってきました。
で、へたり込んでしまって動けなくなったのです。
刻一刻と迫ります、きょうは、童話塾の打ち合わせです。
いつもの、ぱぱぱっと、ができないんです。からだが言うことを聞かないんです。
しかたなく、ゆっくり、でも気持ちは焦りながら身支度をしました。
が、予定より30分オーバー。
きっちり30分遅刻をしてしまいました。
実行委員の皆さま、本当にすみませんでした。
自分をセーブできないなんて、大人げないです。
今後はアルコールに要注意です。
もう、以前のような量は飲めません、よくわかりました。

     *

第四回童話塾in関西に向けて、スタートしました。
いつものようにトントン話が進み、
今回も、いい方向にいきます、必ず!
帰り道、「ちょっとしんどそう、お疲れ気味だったね」と、仲間の方に見抜かれていました。
はい、帰宅するまで、なんとなく、からだがフワフワしていました。

晩ごはんはわたしのリクエストで豚シャブにしてもらいました。
朝も昼も食べてなかったので、さすがに、たっぷり食べられました。
すると、不思議、いっぺんに元気が出て、
いつもの、ぱぱぱっ が、できるようになりました。

わたしの留守中、とらきちさんとパフェが家事をこなしてくれました。
ありがとう、本当にありがとう。
一人で出かけても、お酒に負けてへたり込んでも、なにも言わず見守ってくれる家族。
いや、あきれて何も言わないのかな?
とにもかくにも、ただただ感謝。
posted by uskhikidashi at 00:29| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

昭和ファッション再燃!

2/17日(月)
ファッション界は90年代がきていますね!
ちょうどわたしが結婚したころです。
今風のスタイリッシュな装いは苦手で、
昭和のファッションがずっと好きなので、来た〜♪と言う感じ、嬉しいです。
そういえば、チェスターコート、流行っていますよね?
わたし、短大時代から好きで着ています、ずっと同じものを。
チェスターコートもダッフルコートもスタジャンも30年来同じものを着ています。
白いコートはふぁいやーさんからのおさがりなので、やはり30年前のものです。
CIMG0667.jpg
(写真左4つは30年来着ているもの。右2つはわたしのお手製)

そこに、最近マイブームはバッグ。
新婚旅行で買った小ぶりの黒皮のショルダーバッグを合わせています。
先日、パフェがそのバッグを見て「それ欲しい、どうしたの?」と聞くので
新婚旅行で買ったものだと答えると、「レア感あって、いい♪」と言っていました。
若い子から見ても、90年代ものは、魅力なのですね。

ふぁいやーさんからのお下がりものが、ちょうど流行に重なります。
黒地に花模様も流行していますよね?
CIMG0666.jpg
これも30年前のものです。
おふらんす製でモヘアです。
最近、気に入ってよく着ています。

     *

この春ほしいアイテムはトレーナー(これ死語ですか? スエットってい言うんですよね、最近は)
で、早速見つけました。
心斎橋のスポーツブランド店であれこれみていたら、一目ぼれ、即買い。
後ろファスナー、短めの丈、無地のシンプルなものです。
横にいたパフェも色違いを買いました。
ということはフルーツもほしがるかも、と買って帰ったところ、
「これ、ほしかったやつや”!」と絶叫。
以前からチェックしていたそうです。
ははは、女子組は好みが合いますねえ。

     *

雑誌をめくったり、ウインドウショッピングで流行をチェックします。
で、手持ちのものをどう着こなすか考えるのが好きです。
簡単なものは縫います(買うと高いので!)
買うのは必要なものを絞り込んでから。
買うときは一目ぼれで。迷ったら、とりあえずは買わない、がモットー。
だから、何十年も気に入って着ます!!
posted by uskhikidashi at 14:44| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

「ながら」好き

2/7日(金)
寒いの苦手だったけど、
機能性に優れている肌着やウエアがあったり、
年齢的なものかな、体がちょっとほてったりするので、
きょうみたいな冷たい空気も気持ちいいと思えることがあります。
近場の所要は
徒歩かジョグか自転車で済ませます。
すると、体がポカポカしてきます。
お風呂上がりのストレッチは至福の時。
体がポカポカしているうえに、体を伸ばせば、
ふっとからだが軽くなり、気持ちまで軽くなります。
湯船につかって、太ももマッサージ、エアタオルギャザーをします。
新聞を読むときは開脚して。
家の中を歩くときは大股で、手を後ろに大きく振って…。
「ながら」だから、続くのです!?

     *

犬といっしょだ。
雪が積もっているのを見たらわくわくする。
あした、はなと散歩行くの楽しみ♪
雪の上の足跡…わたしのと、はなのと。想像しただけで、ふふふ。

     *

きょうは、庭にジョウビタキ(めす)が久々にやってきた。
羽の下から赤色がちらちらして、本当にきれい。
見とれて写真は撮らず。
エナガ、アオジ、シジュウカラ、すずめ、メジロ、からす、ひよどりも
毎日やってきます。
そうです、からすも庭に舞い降りてきますよ。
なかなかお利口な顔してます。
posted by uskhikidashi at 00:39| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

必然

1/31日(金)
きょうで一月もおしまい。
1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、と子どもの頃親から教わった。
ここ数年、その意味を理解した、というか、実感した。
けど、ことしは、「行く」じゃなかったな。
ゆっくり時間が過ぎてく。

野鳥を意識するようになってから、
一日の内、何度か、窓を明け放ち、外をただぼんやり眺めることがある。
野鳥をみたり、雲の流れを追ったり、風のにおいを感じたり…
耳を研ぎ澄ませば、鳥たちのさえずり、車の音、自転車の音、
バイクの音、駆けてく足音、ベビーカーを押す音、
布団をたたく音、赤ちゃんの泣き声、こどもの声、ピアノのメロディ…
こんなにも生活音ってあったんだな、と懐かしく思う。
そんなことも、忘れて、雑に時間を過ごしてたな、
ああ、もったいなかった、と、省みる。

そんなわたしの胸の内を物語るかのような絵本「BROOCH」
CIMG0514.jpg
出会いって偶然じゃないんだ。
posted by uskhikidashi at 00:29| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

この一年を振り返り…

12/27日(金)
今年最後のマッサージに行く。
昨日の年賀状書きに根を詰めすぎたのか、
首から肩のコリがひどい。吐きそう〜
コリのいない日なんて、元々ないのだけど、
ひどくなると吐き気がするのだ。

コリをほぐしてもらっている間、
先生が年末のあいさつをされた。
わたしも答えて、ウトウトしながら今年を振り返った。
初春に銀婚式を迎え、ベトナム旅行をした。
娘たちが就職、入学と節目を迎えた。
フルーツの試合観戦であちこちへ。
がんたんのコーチぶりも見たし、
以前住んでいた懐かしい町にも足を延ばし、
懐かしい方々に再会したっけ。
10キロマラソンを春と冬に走った。
松葉杖をついたこともあったけど、大事には至らなかった。
秋に、辛いことがあったけど、今こうして元気に笑って生活している。
色々思い出すと、胸が熱くなる。
笑って、そう、心から笑って年が越せることに感謝をして、
来年も、もっともっとジャンプしたい!


posted by uskhikidashi at 00:03| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

冷えとほてり

12/16日(月)
やっと毛布を出した。
忘れてたというか、なくても平気だったので、頭になかった。
フルーツが「毛布出して」と言うので、思い出したのです。
掛けてみると、やっぱり暖かいわ♪
もっと早く出せばよかった。
で、毛布って掛け布団の上派? 下派?
って話題、毎年テレビなどで聞いていますが、
我が家は、上派。
つまり、一番上が毛布です。

     *

家では冷え対策にスカートを重ね着しています。
CIMG0215.jpg
写真の内3つはスポーツウエア。
最近買った白いの(右上は、)ゴルフウエアです。
ゴルフはしませんが、ウエアはチェックします。
機能性もデザイン性も二重丸の商品が多いのです。

反対に、ほてり対策に、外出時(特に暖房の利いた場所)は、ハイネックはだめですね。
先日、食事中に首に熱がこもり、息苦しくなって、
慌てて店の外に飛び出ました。
友人に「だめやん、ハイネック着たら! スカーフやマフラーで調整しなきゃダメ。
首元はあけておかなきゃ!」とアドバイスいただきました。
ほてりを感じる年ごろになったら、外出時は、ハイネック避けるべし、なんだそうです。

冷えにほてりに、体が忙しいです。
posted by uskhikidashi at 00:20| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

ジョグ再開

12/13日(金)
きょうからジョグ再開。
小雨の降る中でしたが、走りたくて仕方がなかったのです。
冷たい空気が気持ちいいです。
気持ちよく汗がかけました。

体重、体脂肪、目標に近づいています。
体重は、あと0.3キロ!!
食べる量を減らせば、すぐに落とせそうなのですが、
ここにきて、一向に減ってくれません。

フルーツも減量中なので、
夕食メニューも、それに合わせて作ります。
野菜多目、タンパク質はカロリーの低い、鶏肉、豆腐、魚などで摂ります。

     *

先日の奈良マラソンの写真が、専用のサイト上でアップされていました。
自分のナンバーカードの番号を入力すれば、
自分の写真がばばば〜〜〜っと出てきます。
(大きな大会は、今、そんな風になっているんですよ)
十数枚ありました。
いいショットがあれば記念に一枚買っています。
我が家には、子どもたちのスポーツ関連の写真コーナーがあるのですが、
ふふふ、最近は、わたしの写真も増えてきました。
そのうち、わたしの写真で占拠してしまうかも、です!?
posted by uskhikidashi at 00:16| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

今思うことをツラツラと…

11/14日(木)
創作童話の会「たまごまごまご」の日でした。

見学者(男性)がおひとりいらっしゃいました。
最後に感想を聞くと、「思ったより厳しいですね」と、おっしゃったので、
「ぜんぜん」とわたしたちが答えると、
「もっと、なあなあ、な感じで趣味の延長かと思った。真剣ですね」と驚かれていました。
パンジョから数えたら、顔ぶれは多少は入れ替わりがあったとしても、
丸10年が経ちました。
「なあなあ、ではない」と聞いて、よかったと思った反面、
このままでいいのかな? と自問しました。
1年後、5年後と考えたとき、今と変わっていないのでは?
それではいけない、と思ったのです。

いずれは日本児童文芸家協会のサークルに入らせていただくとか、
冊子をつくるとか、
自分たちで、もう少し積極的に動いていかねばならないのでは?と思いました。
新しいメンバーが増えたら、必ず、新しい風が吹きます。
そういう意味でも、今回の見学者の方が、早速入会をしてくださったので、
とてもうれしいです。
しかも、わたしたちの合評を聞いている間に、話が浮かんだそうで、書いてみます、と
おっしゃったので、ますます嬉しくなりました。

     *

(読み流してください)

2か月ほど前に、ちょっと辛いことがありまして、
そうです、平々凡々と暮らしていたところに、突然やってきたのです。
始めは受け入れられず、泣いてばかりの日々でした。
頭の中はそのことばかり、しかも、こういうことってなぜか、悪い方、悪い方へ考えてしまい、
すっかり参っていました。

そんな時に限って、地域活動や、小学校がらみの活動も重なるもので、
しかもパスできないものばかり…
ところが、活動中は、そちらに集中し、逆に高齢者や子どもたちから元気をもらえ、
気もまぎれました。
「あ、わたし、笑っている」
そんな第三者的な感覚も感じました。

そして、他言はしていなかったのですが、
抱えていたことが、人との会話から聞けたり、新聞やテレビ、雑誌などからも情報が入ってきたし、
(ふだんなら聞き流していたことも、食いついてしまうのですね)
しかも、同じ体験をされている人が周りに思ったより多くいたのです。
同じ体験をした方の言葉は、本当に信頼できます。
すると、
起こってしまったことは受け入れるしかない、と思えるようになったのです。

そこからは、
前向きに捉えられるようになりました。
しかも、今回のことで、見えたり深まったこともたくさんありました。
この時にとんぼ先生がよく言われる「人生に無駄と言うものはなにもない」と言う言葉が
ピッタリだと痛感しました。

今では、この体験を元に童話を書いてみよう、と思うほどです。
思ったままに、その最中に、書きつづったメモ。
それらをもとに、書いてみようと思う自分がいるのです。

辛い2か月でしたが、
地域活動や創作のおかげで、乗り越えられた部分があります。
どちらも、とんぼ先生と出会っていなければ、なかったことです。
改めて、先生には心から感謝をしたいです。
しかも、先生のパワー、惜しみない指導、繋がりのおすそ分け、等々、
先生だからこそ、の、お力で、導かれました。

この先も、突然、何があるかわかりません。
が、
人間は誰しもひとりではありません、必ず乗り越えられます。
そして、無駄なことはひとつもないのです。

(すみません、キーが止まらず、思いのまま書き綴ってしまいました。
読み流しを…)



posted by uskhikidashi at 17:36| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする