2017年04月25日

なべがまっくろけ

4/24日(月)
正午、2階でふとんを干したりしまったりしていると、焦げ臭いにおいが…
あわてて階下へ。
キッチンは白い煙が充満していました。
昨夜の残りのブイヤベースを温め直していたんです。
すぐに下りるつもりが、2階の寝室で、つい片づけが始まって…すっかり鍋のこと忘れていました。
こういうのが火災の元ですよね。
火をかけたら、その場から離れてはいけません。
離れるんだったら、火は消さねばいけません。
鍋の底はまっくろです。
が、重曹に付けておくと、きれいに焦げが剥がれ落ちました。
しかも、ぴっかぴか!

     *

晩、福祉協議会定例会でした。
今年は役員の入れかわりが結構あります。

posted by uskhikidashi at 00:08| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やります、やります。
私もしょっちゅうです。
おでん温め直してて、つい別のこと始めてしまってすっかり忘れてる、とか。
でも、なんとなくIHよりガスの方がよくって、ガス火のキッチンなんですよねえ。気をつけないといけませんね。
Posted by うきょう at 2017年04月26日 03:28
え、しっかりもののうきょうさんもやるの??
白煙に包まれたキッチンを見て、笑い事ではないと痛感。
火を使い時は「ながら」は禁物と、肝に銘じました。
お互いに気をつけましょうね。
Posted by うさこ at 2017年04月26日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。