2017年04月14日

たまごまごまごと感謝の会

4/13日(木)
創作童話の会「たまごまごまご」でした。
会場のウングス京都の前の公園で桜を見ながらパンを食べました。
近くのパン屋さん「フルール・ド・ファリーヌ」
ここのデニッシュ、とてもおいしいです。
サンドイッチも食べやすい量と形で、もちろんおいしくてすっかりリピーターです。
ただ、パンを持ち歩いて帰路2時間は無理があります。
家族へいちごのミルフィーユ型のデニッシュを買って帰ったのですが、
帰宅後袋を開けて見たら、ぺったんことまではないのですが、つぶれていました。
美味しいもの見つけたら、家族にも、と思ってしまう主婦のサガですね。

     *

たまごまごまごは5作品合評しました。
短編2作、中長編(未完も含めて)3作品。
わたしは、自分に体験をもとに書いているのですが、まだまだ迷っていて、
とりあえず、書く、というまるで報告書のようなできになっています。
自分で、これはあかん、ともちろん自覚しているのですが、
とにかく、書き出したい。

同じ体験をされている沢田先生から、この体験を通して子どもたちに伝えねばならないことは、
と2つのキーワードをいただきました。
ひとつはわたしもわかっていましたが、もう一つが、「そうか、それだ」と、
これがなくちゃ、読者を引き付けられない、というものでした。
2年間、先生のアシスタントとして体験したときのことを思い出し、
じっくり練っていきたいと思います。

     *

勉強会の後、わたし主催の食事会をさせてもらいました。
場所は、町屋カフェ
前に、パフェと行った店です。たまたま通りがかりに入ったら、
店の雰囲気、店員さんの対応、料理の味、値段、すべてに満足だったので、
お誘いをしました。
DSC_2253.JPG
女性にちょうどいい量ですね。

遅ればせながらの感謝の会です。
ちょうど一年前に先生と、たまごまごまごのメンバーに見ていただいた作品を
月刊誌「ちゃぐりん」に掲載をしていただきました。
そのお礼をなにか形でしたくて、ずっと考えていて、結局一年たってしまいました。
皆さん、とても喜んでくださって私もうれしかったです。
これからもよろしくお願いいたします。



posted by uskhikidashi at 08:58| Comment(0) | 童話を書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。