2017年01月29日

みらくるぺん、そして童話塾実行委員会

1/29日(日)
みらくるぺんの勉強会でした。
講師は沢田俊子先生、井上林子先生、北川チハル先生。
(大塚篤子先生は欠席でした)
こうした恵まれた環境で自作品を合評してもらえるのですから、
明確に目標を持つべきです。
xxに向けて書いた、など。
それなのに、失礼なことに、わたしは、またもや「とりあえず」作品を出してしまって
この数か月、自責に駆られていました。
ひとりの講師の方に「これは作品になる前のスケッチです」と指摘され、
そうです、そのとおりなんです。
何ともったいないことを、失礼なことを、と反省しかありませんでした。

推敲力を高めてほしい、その為には、とノウハウまで教えてくださり。
申し訳ないやら、なにをやってんねんと自責の念…
情けないことです。

提出する前にもう一度推敲を。
この言葉が、まさに自分に足りないところです。
情けないけど、自覚して、悪いところは直していくしかありません。
それがいちばんの近道です。

     *

引き続き、午後から第7回「童話塾in関西」実行委員会でした。
こちらの企画は、わくわくです。
が、協会の総会で承認されるまでは公言できませんので、
ウズウズしますがお許しを。

     *

コートをぬぐやいなや
「ドレッシーね」と仲間の方に言ってもらって。
DSC_1905.JPG
このワンピース、お正月用にとずっと前から少しずつ、合間に縫っていました。
夏にふぁいやーさんちの片づけに行ったときにいただいた生地で作りました。
生地は今から40年まえほどの舶来品です。
お正月、ふぁおやーさんはすぐに気づいてくれとても喜んでくれました。

ボーダー柄を生かすために、ただただまっすぐなストンとしたワンピースです。
簡単です。

     *

京都は楽しい。
駅から天性寺へ行くまでも、気ままに曲がってまがって。
興味をそそる店がい〜〜〜っぱいでワクワクします。
そんな中、前から見つけてお気に入りのパン屋さん「ワルダー
たくさん買いました。
特に好きなのはクロワッサン。
香ばしくて、サクサクで、何重にも生地が重なってて、美味しいです♪
posted by uskhikidashi at 22:21| Comment(0) | 童話を書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。