2016年12月05日

電車内の読書、快適♪

12/5日(月)
今朝もカイロプラクティック院へ。
往復の電車内で読んだのは、井上林子さんの
「11歳のバースディ おれのバトル・ディズ」(くもん出版)
DSC_0113.JPG
春山さん、夏木さんに続き、実は一番気になっていた伊地知一秋くん。
シリーズ3冊目がそれ!
ってわけで、わくわく。
だって、コンビニ弁当なんだもん、その背景がはやく知りたくて。
一気でした、そう、一気。電車が駅についてほしくなくて、
ずっと読みたくて。
乗り換えのホームでも、ずっと読んでました。

コンビニ弁当の理由は分かったのだけど、その先がいいんです。
女子ふたりの討ち入りは実にスカッとした。
かっこいい!
強い人は優しい人なのです。
こんな子たちがいれば、いいなあ、と思った。ねちねちしてないで、言いたいことを言う。

最後の「さあ、弁当だ」のひとことで、
きっとおかあさんの手作り弁当だろうなって、ジーンときました。

女子二人の軽快なコンビ、同じ班にならなければ交流は絶対ないふたり。タイプが全く違うんです。
でも、こんなもんですよね、なにかがきっかけでお互いに認め合うってことあります、あります。

きんもくせいの使い方も効果的で、さすがですよね。

読後の胸の高鳴りをすぐに伝えたく作者さんに読後すぐにホームからメールしました。

冬馬くん、四季くん、そして魔女さん、
今後もますます楽しみです。
元気が出るお話をありがとうございました。

     *

本日届いた「ちゃぐりん1月号」
さっそく掲載されていた「ふつふつハンバーグ」を作ってみました。
DSC_0115.JPG
チーズをのせて、煮込みハンバーグです。
大好評、とてもおいしくできました。

posted by uskhikidashi at 22:12| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きれいですね。絵的には先月号の「パリパリ チキンソテー」と似てますか。今月号がまだ届いてないので。
チャグリンの料理記事って、子供向けとは思えないほどハイレベル。作ってみると高めのハードルを感じるものが多いです。
「ショートストーリー」は、どちらかというと幼年向けって感じなんですけどね。
もしかして「これ作って」とせがまれるお母さんが読むための料理記事なんでしょうか。
Posted by HAL at 2016年12月06日 15:56
HALさん、ありがとうございます。
そうですよね、レベル高いです。
料理、手芸、工作、実験、歴史などなど、
家庭画報子ども版、みたいですよね。
わたしレベルなんで、読みやすく親しみがわきます♪
Posted by うさこ at 2016年12月07日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。