2016年11月11日

たまごまごまご

11/10日(木)
創作童話の会「たまごまごまご」でした。
合評作品は7作品。うち2作はわたしの一枚童話です。
一枚童話とは原稿用紙一枚つまり400字の物語です。
あらすじではなく、400字の中に起承転結があります。
一字たりともオーバーしてはいけません。
これは脳のウォーミングアップにピッタリです。
きょうは、これを合評してもらったところ、もらった意見から5枚童話が生まれそうです。
一枚童話でネタをストックしておくと、役に立つことがあるのです。

仲間のおひとりに創作歴30年の方がいらして、
30年前に「作家になる」と公言して以来、どんなに忙しくとも、
毎日かいてこられたそうです。帰り道、具体的に話を伺うと、
努力と熱意が桁違いです。
ご本人も「その30年は全く無駄ではなかった」と言い切っておられました。
まさに、なのです。
刺激剤となるいい話でした。

合評の途中で、話の流れから「みんなの一番は?」をひとりずつ言っていきました。
わたしの一番は「笑顔」です。
幼いころからまわりのかたに「笑顔良し」とよく言われてきました。
高校時代には、先生からも、ボーイフレンドからも♪
中学校の時、ピアノのコンクールを受けたことがあるのですが、
がちがちに緊張していましたが、あとで先生に聞くと、
「あなだたけよ、礼をするとき、にこにこしてたの」なんて言われたことも。
笑う門には福来る、
そう、笑顔でいると、笑顔でいられることがやってきてくれます。
みなさんの一番、素敵でした♪

     *

帰宅したら父から電話がかかってきました。
ふぁいやーさん、うそみたいに調子がいいようです。
転院した病院が合ったみたいで、気持ちよくリハビリに取り組んでおられ、
早く退院したい、と言っているそうです。
父の声も明るく、嬉しさが伝わってきました。
一時は葬儀屋まで出向いて相談していたのにね、と笑いあいました。
わたしの気持ちも一気に晴れました!!
おかあさん、長生きしてね。
posted by uskhikidashi at 00:54| Comment(0) | 童話を書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。