2016年06月13日

たまごまごまご

6/9日(木)
創作童話の会「たまごまごまご」でした。
父の米寿祝のプレゼントを買いたく、予定より1時間半早く家を出ました。
最初の乗り換えで歩いていると、なんだか斜めに歩いてしまいます。
乗り物酔いをしている感覚です。
それでも次の地下鉄に乗りました。
次の乗り換えの時、トイレに掛けこみ鏡を見たら、
顔色は普通でしたが、目の下のクマが濃くなっていました。
アッカンベーをすると下まぶたの裏が真っ白です。
貧血です。
それでも、次の電車に乗りなんとか目的の駅まで行きました。
下車すると鉄分の入った飲み物とヨーグルトを買い、その場で食べました。

そしてとぼとぼ歩きながら目的の店へ。
思うような商品は見つからないし、めまいがしてきて、気分も悪いので、
天性寺さんへ行きました。
合評会まで40分あります。
みんなの顔を見たら、帰路に就こう、と思っていました。
食欲はあるので、お弁当をお寺の庭で食べ、目を閉じて休憩していると、
「どうぞ、そこの椅子に腰かけてください」と声がし、目を開けるとお寺の奥様でした。
ペットボトルのお茶まで差し出してくださっています。
「早く着いてしまいました。勉強会は1時からなので、ここで休ませてもらおうと思って」とわたしが言うと、
「あら、童話の!」と、わたしの顔を見るなり、
「部屋にはいってください。言ってくれればよかったのに。気づかないですみません」と、
お座敷に入れてくださいました。
ありがたかったです。

しばらくして、沢田先生、お仲間の方たちがお見えになり、
とにかくふらついていたので事情を言うと、
横になりなさい、と、みなさんが座布団を敷いてくださったり、
歩くのに手を貸してくださったり親切にしてくださいました。
そして、お言葉に甘えて横にならせてもらいました。
「じゃあ始めるよ」と、先生の声がしたかと思うと、そのあとはもう覚えていません。
気付いたら1時間ほど熟睡してしまったのです。
合評中に寝るなんて、しかも30畳ほどの大広間の真ん中で。
普通じゃ考えられませんよね。
早退をするのが普通でしょう。
皆様のご厚意にすっかりあまえてしまい、でもそのお陰で、そのあとの合評会には参加できました。
わたしの7枚作品も見ていただけました。
本当に本当に、先生、皆さま、親切にしてくださりありがとうございます。

先生にアドバイスをいただいた「工夫」
こういう効かせ技の腕を磨かなきゃなあ、と思います。
そして、いつ依頼があってもいいように短編を書きためようと思います。

     *

みなさんと軽食を取って帰路につきました。
帰宅したら、娘たちがちゃんと家事をしてくれていたので、
お風呂に入って22時には床に就きました。

     *

今夜の夕食作りなどをして、昨夜は床に就いたの1時を回っていました。
DSC_0302.JPG
調子が出てきて、水ようかんまで夜中に作ってしまいました〜
友人にきゅうりをいただき、わさび漬けも作りました。

ここのところ、就寝は1時をまわっています。
そりゃあ貧血にもなるよ(汗)

posted by uskhikidashi at 00:57| Comment(0) | 童話を書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。