2016年04月12日

神戸文学館へ

4/11日(月)
ツイてない。

その一
自宅から自転車で駅へ向かっている途中。
ちょっとした段差にハンドルをとられ、木にぶつかり転倒。溝にはまる。
痛い。
が、電車の時間が気になり、いがんだ自転車を自力で調整し、再度こぎ始める。
駅に着くと、コートに所々赤い汚れが…
血だ。
指を切っていました。
発車まで5分ある!
洗面所で手を洗い、絆創膏をはり、ハンカチを濡らしてシミをとる。(キレイに取れてほっ)
ほぼ新品の皮靴を傷つけてしまい、これはショック〜

その二
梅田で次に乗る阪急電車の時刻をスマートフォンで調べたら、
え?
まさかの梅田〜西宮北口運休。
ついさっき、塚口駅構内での事故のためだそう…。
迂回をせねば。
阪神でとりあえず三宮まで向かう。
阪神梅田駅は人でごった返していた。
うう〜
目的地には予定より遅れそう…

という始まりだった今朝。
目的地は阪急王子公園駅前の神戸文学館で開催中の「おはなしの森の物語」

創作仲間の春花さんが当番日だと聞いたので
きょうを選んで行きました。

DSC_0162.JPG
王子動物園の桜はまだ少し残っていました。
ここは子ども時代、遠足や家族とよく来ましたし、
デートでもきました。
結婚後も子どもを連れて、本当にお世話になった動物園です。
その隣に
DSC_0164.JPG
神戸文学館があります。
元関学のチャペルです。

ドアを手で開けて、一歩館内に入ると、雑踏から閉ざされた空間になります。
その境目が非常に緊張感があっていいです。
とても静かです。
部屋の奥をそっと覗くと、いらっしゃいました♪
ピンク色の装いの春花さんが♪

昨秋の童話塾以来です。
会うと、お互いに話が止まらず。
展示も見たいし、話もしたいしで忙しい!?
おはなしの森に参加されている方たちは、顔見知りの方が多いので
物語ができたきっかけ、関連の小物や写真など、興味深く見せていただきました。

見終わった後は、駅前のイタリアンでランチをしながら楽しいひとときです。
(このお店、お勧めです。とてもおいしいです)
情報交換や相談事などなど。
前を向いていくことをリセットできた感があります。
いつもいいタイミングでお会いできるので嬉しいです。

次は5月の協会の総会でお会いする予定です。
考えたらもう10年来のお付き合いですね。
いつも勇気や励ましのようなものをいただいています。

     *

帰路、実家の駅を通るのでそこで途中下車して
実家へ行きました。
やはり、実家は通り過ぎることはできません。
母は一人暮らしだし。
先日の有馬旅行の写真、スマートフォンのアプリでアルバムにしたんです。
それも渡したかったし。

母に今朝の自転車転倒のことを言うと、湿布を貼ってくれました。
50を過ぎても娘は娘なのね。

     *

駅構内に日本盛りの原酒が量り売りされています。
DSC_0165.JPG
妹に聞いていたので、帰り、買って帰りました♪

帰宅して、夕食時、
「けがして痛いから麻酔代わりに飲もうっと」と開栓しようとすると、
「けがした日に飲むな」ととらきちさんに怒られてしまいました。
大人しく従いました。
おあずけです(涙)
posted by uskhikidashi at 23:50| Comment(2) | ぶらり散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うさこさーん。
ありがとうございました。

トラブル続きの出発となって、申し訳ない
気持ちでしたが、ころんでもタダでは起きない(?)
うさこさんでしたね。
懐かしい想い出とその場所をしっかりつかまれました。
そこからまた、いいことにつながりそうです。

ぎゅうぎゅう詰まった楽しい時間をありがとうございました。
Posted by 春花♪ at 2016年04月13日 13:16
春花さん、本当に楽しかったですね。
文学館内の椅子に座った春花さんの場所は、まさに「春」でしたよ♪
好きなものはいくつになっても変わりませんね。
わたしも高架下のあのがちゃがちゃ感に久しぶりに触れてわくわくです。
エレガントな神戸も好きだけど、
あの雰囲気がかわっていなくてホッとしました。

こちらこそ、ありがとうございました。

Posted by うさこ at 2016年04月13日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。