2015年12月31日

押し迫ってきました

12/30日(水)
今年も残すところ、あと2日。
クリスマスあたりから、すっごく忙しくしています。
毎日用事で出ています。
きょうもフルーツの大学へいったり、用事が色々と入ってきます。
その間に、年賀状を印刷して一言添えたり、
正月の買い出しやら、両方の実家へ行ったり、
せわしなく動いています。
「こういうときこそ落ち着いて」、と車を発進させたときや、
街中で階段を上り下りしているとき、心の中で言います。

     *

今年はサンタさんがふたりきてくれました。
25日朝、
枕元にひとつと、マイカーの運転席にひとつ。
今年は遅刻をせずに来てくれました♪
DSC_1780.JPG
ひとつは、minanta(ミナンタ)さんから。
手紙つきでした。
DSC_1778.JPG
サンタさんって、わたしの好きなものをちゃんとわかってらっしゃるのね。
鳥のブローチです♪

もうひとつは、PUMAのダウンベストでした。

家族みんなのところにも、サンタさん、来ていましたね。
25日の朝は、プレゼントの見せ合いっこでした。

     *

年末恒例。
DSC_1782.JPG
編みぐるみたちのお洗濯〜
一年の汚れもきれいさっぱりです。

     *

最近の子だなあ、と感じたこと二つ。

ひとつめ。
――先生、日曜日に行ってたでしょう?
――先生、xxでxxを買ったのですか?
休日明けに学校に行ったら複数の生徒に聞かれたがんたん(がんたんは教師です)
不思議の思ったがんたんが生徒に聞くと、
ショッピングモールでがんたんを見かけた生徒がいたらしく、
「今、先生がxxに来ててxxを買うかどうか迷ってる」とその生徒がツイートしたらしいです。
瞬く間に生徒たちに広まり…
月曜日に冷やかされたそうです。
「プレイベートないなあ」と苦笑いしたそうですが、しかし、怖いです。
一瞬で居場所がわかり、だれと何をしているかが広まるんですから。

もう一つは、
「おかあが書いてい学生時代の友だちへの年賀状。
あれって、住所、いつ聞いたの? 卒業するとき?」
聞かれたことの意味が分からなくて答えに困っていると、
そっか、今の子って名簿ないんだ。
その上、ラインやメールでやり取りするので、改めて住所ってわからないんだね。
陸上関連は、指導者の方々や先輩後輩へは年賀状を出すことが常識なので、
それらは聞いて知っていますが、
クラスメイトとかはわからないみたいです…

しょうもないことをダラダラすみません。
posted by uskhikidashi at 00:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

わらしべ勉強会にて

12/25日(金)
先日の日曜日、童話サークル「わらしべ」でした。
作家の香坂直先生をゲストにお迎えし、4作品を合評していただきました。
わたしの7枚作品も。

わたしは日ごろ、ネタを拾うと、さささっとスケッチのように
思いついたままを書くことが多いです。
テーマもない習作です。
実は今回はそんな習作(7枚)を提出していました。
香坂先生に読んでいただきたい一心で、何か何か、と3日で書いたのです。
こんなのを大先生に読んでいただく、というのは失礼なことだったなあ、と
合評会が迫るにつれ、自責しておりました。

本番では先生は言いたいことの1/5しか言えていないとおっしゃっていましたが、
そうでしょう。
初めて会う人の合評と言うのは難しいと思います。
きっと先生も気を使われて言葉を選んだことでしょう…。

先生のおはなしはとてもわかりやすかったです。
丁寧に、間を置きながら、進めてくださいました。

児童文学でテーマ=主人公の葛藤
その葛藤がほぐれていく過程を、読者が主人公の気持ちに沿いながら読み進めるもの。
主人公は物語が終わった後、成長している。
そして、そのテーマは作者が書き進めるうちに変わることがあるかもしれない、それもよし、ということでした。
わたしは、最初に決めたテーマはぶれてはいけない、と思っていましたので、
この意見はとても新鮮で、救われた感じでした。

一番印象に残ったのは、
ある出版社の編集者さんとのやりとりです。
わたしに今、一番足りないものを突き付けられました。
作家かそうでないか、の違いです。

さて、わたしの習作は香坂先生、沢田先生のアドバイスにより、
動き出しそうです。
「小話」がモチーフなのですが、
それを生かして、主人公の生活と絡めて、ふくらませたいです。
DSC_1781.JPG
参考にと読んだ沢田俊子先生の「まんざいでばんざい」(学研)

あとがきにある「『笑い』は深刻にならないところがいいのです」これです。
わたしも同感です。
自虐ネタってあるじゃないですか、
あれ、結構好きなんです。
自分の欠点をネタにして笑いにする。
欠点をさらけ出す、そして笑いを取る。
中々できないことですが、見方を変えれば、欠点も個性ですから。

ふぁいやーさんの入院中、実際にあったドクターや看護師さんとのやり取り、
とらきちさんが入院中に彼が発した言葉、等々をネタ帳にメモしていました。
それが今回役に立ちました。
主人公の葛藤を何にするかを考えて、小話を絡めて、お笑いのお話、憧れです。書きたいです。

香坂先生、とても素敵な方です。
作家さんとしてはもちろん、
女性としても憧れます。
アイデアがどんどん湧き出るのが話を聞いていてわかりました。
作家になったきっかけ、ペンネームの由来、も興味津々でうかがいました。
アクセサリーの選び方、つけ方もセンスがいいなあ、と思いました。
posted by uskhikidashi at 15:28| Comment(0) | 童話を書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メリークリスマス☆

12/24日(木)
ブログのアップ、怠っています。
訪問された方たちの顔が浮かび、心配をおかけしていますね、きっと。
元気なのですが、
今週に入って色々出かける用事があり、
後回しになっています。

ちょっとずつ、アップしていきます。
訪問された皆さま、ごめんなさい!!
posted by uskhikidashi at 00:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

気ぜわしく

12/21日(月)
先週土曜日、昔あそびの会「竹とんぼ」でした。
毎年、一年の締めくくりは「カレンダー作り」です。
和紙でできたカレンダーに思い思いの絵や文字を書いてもらいます。
活動に夢中で写真を撮り損ねたのですが、
本当に子どもの発想にどきっとします。
1450710558200.jpg
わっ
サンタさんが来てくれましたよ〜♪
一人一人にケーキを手渡してくれました。
あれ?今年のサンタsなんは女性です。
サンタ界も女性進出が目立っているんですって、ふふ♪

     *

夕方予定していた忘年会、直前でキャンセルさせてもらいました。
フルーツの病院通い(病院のはしごです)、両方の実家行き、わらしべ〜懇親会、
保育園の理事会、礼状書き、来客、母サンタなど、
今週は予定がつまっていて、足裏と両肘が痛いしで、
「昨年の大みそかの高熱」にならぬよう、調整せねば、とすみません、キャンセルいたしました。
posted by uskhikidashi at 00:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

病院へ付き添い

12/17日(木)
朝8時前に家を出て、フルーツの診察に付き添いました。
高校時代にも受診した総合病院のスポーツ外科です。
レントゲンを取ったら、故障の原因が判明。
明日、さらにMRIを撮って診ていただきます。

総合病院の売店。健康志向の食品や雑貨が揃っています。
きょうは、福岡の明太子の佃煮海苔や、辛子高菜、野菜チップ、べっこう飴を買いました。

     *

DSC_1771.JPG
この時期はアクセサリーもクリスマスバージョンで♪
身につけているだけでワクワクします。
posted by uskhikidashi at 00:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

フルーツの故障

12/16日(水)
昔あそびの会「竹とんぼ」の案内手紙を印刷・配布しに小学校へ。
職員室に入ると、わが子がお世話になった先生がお二人来てくださりました。
先生保護者ではなく女性同士の普通の会話です。
体のことや家族のこと、趣味のことなどです。
段々知った先生が退職、移動されていくので寂しいです。

     *

フルーツの故障が長引いています。
もう一年ほどぐずぐずやってます。
少し前、とらきちさんが「もういっぺんフルーツが走るとこ、みたいなー」とわたしに
言いました。
ふたりで涙が出そうになってこらえました。
そしてつい最近、とらきちさん酔った勢いで「どうするねん、この先」ってフルーツに投げかけたのです。
大学3年生なので、あと一年で卒業です。
すると、しばらく黙ってたフルーツが、
「最後は親やねん。もう一度、わたしの走っているところ、見てほしいねん」と話し始めました。
高校のときも、最後の最後で故障してしまい、都大路を走れなかったのです(補欠の一番でした)
あのときも「都大路を走っているわたしを見せたかった」とわたしたち言ったのです。
だから、大学でも、と続けてきたわけですが。

今は、とにかく早く故障をなおして、もう一度走る。親も協力する、
互いにそう決意をしました。
ピンチはチャンス、ってことを高校時代に学んだはず。
それを思い出したら、今は何をすべきか、わかるはず。大丈夫、絶対走れるようになる。
とうさんもかあさんも、いつも応援しているよ。
試合の応援行かせてよ、追っかけしたいねんから。
posted by uskhikidashi at 23:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

つくりたて大福♪

12/15日(火)
所要で地域の幼稚園へ。
ここはわが子が卒園した園です。
園長先生に用件を伝えたあと、懐かしく園内を見ていると、
どうやらきょうは餅つきをされたご様子。
わたしも当時、役員をしていたので、お手伝いに行ったなあなどと
さらに懐かしくって、思い出に浸っていると、
「これ、カバンの中に入れて帰りなさい」と、
園長先生がつきたてのお餅3個を包んでくださいました。
お父さんみたいだなあ、と、暖かい気持ちになりました。
DSC_1768.JPG
中には粒あんが入っていました。
休みで家にいたパフェとすぐに食べました。

この幼稚園、わが子が担任を持ってもらった先生方が結婚し、子育てが落ち着くと
リターンされるのです。
そのせいもあって、本当に懐かしかったです。

     *

きょうも散歩中「かわいい」と、はなのことを見て小学生が言ってくれたので
「ありがと」と返しました。
「あの人のことじゃないのに」は聞こえてきませんでした(汗)
先日は、男子小学生二人組が、いきなり「いくつですか〜?」と聞いてきたので、
ドキッとして
ハタチですって答えるべきか、正直に答えるべきか、と迷っていたら、
「噛みますか?」と聞いてきたので、
「ああ、はなの年齢だったのね」と自分に笑っちゃいました(汗)
posted by uskhikidashi at 23:31| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋トレを始めよう

12/14日(月)
マッサージの先生に診てもらったら、
臀部〜ふくらはぎ裏にかけての痛みは筋肉が減ってきている、つまりは加齢だそうです。
その上にジョグという負荷をかけるのですから故障も想定内。
よって、教わった筋トレを少しずつしていくことに。
本格的なことは続かないので「ながら」でできる筋トレを教えてもらいました。

     *

夕方、はなと散歩をしていたら前から来た小学生二人組(女子)に
「かわいい」と言われました。
「ありがと」と返したら、すれ違った後に
「あの人に言ったんじゃないのに」って小声が聞こえて…
だれも自分のことやなんて思ってないよだ!!

     *

晩は福祉協議会定例会。
決定事項がらみで、複数の方に夜中、メールを送ったところ、
一人の女性から「あなたも遅くまで起きているのね」と即座に返事が返ってきました。
夜中1時をまわっています。
結構、起きてらっしゃるのですね。意外な方からの返事だったので驚きました。
posted by uskhikidashi at 06:49| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

マラソン棄権

12/12日(土)
友人と奈良へ。
明日の奈良マラソンにエントリーしてたのですがふたりとも足の不調で
棄権をすることにしました。
きょうは受付日です。
参加賞のTシャツをもらいに行きました。

奈良マラソンは毎年出場していて
始発で出発し、友人とアフターランまで楽しむ丸一日コースなのです。
毎年の締めくくりにとても楽しみにしているイベントなのですが…
まずは悪いところを治して、筋力をつけよう、と誓い合いました。
会場へ着くと走りたくて仕方がありませんでした(涙)

帰りは「平宗」で柿の葉寿司を買い、
くるみの木」で、お茶を飲んで帰りました。
DSC_1762.JPG
コーナーの席を案内してくださいました。
なんだか落ち着く店でした。
ショップもこだわりがあってとっても素敵です。

堀井和子さんの作品展があるんですって。来店されるとのこと!
20代のとき、憧れた堀井和子さん❤
お会いしたいなあ〜
DSC_1766.JPG
posted by uskhikidashi at 00:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

モートン病

12/11日(金)
最近、左足指、足裏に痛みがあります。
踏み切ったとき、特に痛みます。
朝一番は足を引きずるほど…
で、しばらく歩いていると和らぐですが、
ここ数日は、歩くたびに痛く、かといって、「どこ」というピンポイントもないんです。
なんとなく中指薬指あたり、という感じで。
今朝、形成外科に飛び込んだのですが、どこが悪いのか、原因も治療も、何の説明もなく、
先の細いヒールの靴は避けて、血の巡りをよくしてください、とのことでした。
初診料だけはバッチリとられて、なんだったの???という不完全燃焼で帰宅。
もやもやしたまま、ネットで検索したら、
まさに、これ!
「モートン病」
これにあてはまります!
そうか、まだ発見されて間もなく、知らない外科の先生もいるのだね。
9割が40歳以上の女性なんですって。
早期治療。
マッサージへ行った時に先生にも相談してみます。
早速インソールも注文しました。
靴も見直すことにします。

手首、肘、臀部、加えて足裏。
朝、ベッドから起きるとき、「いたた」を連発し、中々起き上がれません。
体は正直、実年齢です…

     *

おおさんしょううおゼリー
DSC_1746.JPG
プルンプルン、透明のゼリーの中を泳ぐ彼。
スプーンを入れるのに勇気がいりました。
「ごめんね」

この塩ぜりー、おいしい!?
(どないやねん!)
posted by uskhikidashi at 12:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

たまごまごまご

12/10日(木)
創作童話の会「たまごまごまご」でした。

しげたに やすこさん、第30回「家の光童話賞」受賞おめでとうございます!!
彼女はいったん退会をされたのですが、
きょうは掲載された「家の光」をもってきてくれました。
全員に「家の光」をプレゼントしてくれました。
DSC_1758.JPG
いいな、いいな。
かわいいカラーのイラストがついて、より一層、物語に動きが感じられます。
おじさんのキャラクターに思わず吹き出す場面も!!
本当にかわいくてほっこりするお話です。

きょうは3作品(内一作は長編のあらすじ)を合評しました。
そして、会の今後のことを話し合いました。
今現在は2名ずつ順番で出しているのですが、その2名の作品しか出ません。
3時間に2作の合評はもったいない、ましてや先生は遠方からいらっしゃってます。
だったら5作ほどまとめて、2~3か月に一度でいいのでは?を話し合いました。

反対意見もありました。
数か月に一度だと、ますます書かなくなる。
たとえ数枚でも、あらすじでも、途中でも、全員が毎月出そう、と言う意見が出て
わたしは、ハッとしました。
自分が童話を書き始めたころの初心を思い出したのです。
楽しくて、次は何を書こう、というあの気持ち。
教室へ行くぎりぎりまでキーを打ってあわてて家を出たこともよくありました。
時がたち「出版」とか「長編」とかで知らず知らずに内に
自分に枷をかけ過ぎていたかも、もっと自由に楽しく書くべしなんだ、と
(もちろん苦しみも必要ですが)
出た意見に考えさせられました。

今日の合評作品は、
ひとつはあらすじ。だけど、それが長編を書く上でヒントになりましたし、
もう2作品は、作者の体験などから生まれた物語ですが、いい意見が出、
きっといい作品に書き直しをされるでしょう。
それは、教室に出して合評を受けたからです。
作品がなければ先へは進みません。

たまごまごまごは、来月も合評会をすることに落ち着きました。
そして、基本は全員が作品を出すこと。
「たとえ忙しくても脳には隙間があるものだ。書く気があれば絶対に書ける」
そう言ってくださったのは、一番あとで入会された方なのです。
すごく納得できました。

勉強会の後、忘年会としげたにさんのお祝い会をしました。
posted by uskhikidashi at 00:19| Comment(0) | 童話を書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

クラブ支援

12/9日(水)
ボランティアクラブでした。
毎年12月は地域の高齢者宛に年賀状を書きます。
DSC_1759.JPG
楽しい年賀状が書きあがりました。

「この人、何歳?」
「知らない、この人」
など部員たちが口にします。同じ町に住んでいても相手は知らない方です。
「こどもらしいイラストや文字を見たら嬉しくなる」
「自分の子ども時代を思い出す、故郷を思い出す」
「元気が出る」「返事を出したいのだけど文字を忘れた、ごめんなさい」
「飾っています」
等々、受け取った高齢者の感想を伝えると、競い合うように書いていました。

ボランティアクラブのほかに、
DSC_1747.JPG
「手芸クラブ」

DSC_1749.JPG
「お茶クラブ」も地域の方が指導に当たっています。

以前、この3つのクラブは人気がない、くじで負けた子が入る、と小学校の先生に言われたことがあります。
ひどいですね。
でも今は、人気のクラブです!
部員数も増えています!
posted by uskhikidashi at 23:23| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

涙もろくなりました…

12/6日(日)
フルーツのリクエストでりんくうアウトレットモールへ。
ここへ行きたいとき、娘たちは、わたしではなく、まずとらきちさんの都合を聞きます。
彼女たち曰く、父さんの方がマメ、なんだそうです。
で、わたしも便乗。
きょうは、自分のものは何も買いませんでした。
ぴぴぴっと来るものがなかった〜

     *

晩はお客さん二名。
フルーツの後輩とパフェのボーイフレンド。
6名で焼肉をしました。
二人とも、気持ちよくたくさん食べてくれました。
がんたんがいたときのことを思い出しました。
良いですね、若い子が大勢いるのは、にぎやかで楽しいです。
お客さんの前だっていうのに、
わたちたち夫婦二人そろって、子どもたちへの思いなどを話すうちに、
笑っているかと思えば急に泣き出したり…
失礼をしました。
「いい話です」と言ってくれたのが救いでしたが。
親というものはややこしいものです、本当に…。
懲りずにまた来てね〜(苦笑)


posted by uskhikidashi at 15:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

野鳥好き

12/5日(土)
またもやカワセミを観ました。
自宅近くの池です。
はなと散歩中、川面を飛んでいる姿が目に入り、追いかけました。
やっぱり巣はまだあったのですね。
前と同じ場所へ入っていきました。
釣り人が多くて、最近は全く見かけなかったのですが、
きょうはひっそりしてたからでしょうか。
幸せの青い鳥!?
ご利益がありますように……。

夕方は自転車で駅前の池までいきました。
が、小学生の男子グループが騒いでいて、野鳥の姿は一羽もいませんでした。
対岸にアオサギかなあ、シロサギかなあ? 2羽、羽ばたいていました。

最近自宅近くでイカルもよくさえずっています。
毎日、ジョウビタキ(メス)も見ます。
外へ出る楽しみが増えるシーズンです♪
posted by uskhikidashi at 23:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜日の晩はテレビの前に

12/4日(金)
毎週見ているテレビドラマ「コウノドリ」
出産シーンで生まれる赤ちゃんは本物の新生児だそうです。
出産を控えている妊婦さん数十名に登録してもらっているそうです。
画面いっぱいに生まれたての赤ちゃんが赤い顔をして
しわくちゃでおぎゃーおぎゃーと泣いているシーンが毎回出るのですが
思わず「かわいい」と口に出てしまいます。
そして、涙がにじんできます。
わが子のことを重ねると同時に、
わたしもこうして生まれたのだな、と思うからです。
出産は奇跡。このドラマの中で何度も聞きましたが、何が起こりうるかわからないのが出産です。
生まれてきてくれてありがとう。
産んでくれてありがとう。
ともに、時代が変わっても人が生まれるって変わらないものなのです。

「コウノドリ」が終わって、NHKにチャンネルをかえると「72時間」
きょうは、神田の古書街でした。
さいたまに住んでいた時、新婚時代に2回ほど行きました。
きょう番組を見て、また行きたくなりました。
今だったら、昔と違う見方をするだろうな。
今夏、代官山の「蔦谷書店」へ行った時も、古書コーナーから動けませんでした。
10代の自分にタイムスリップしたからです。
次回の上京の際には神田へ行く時間も設けたいです。

普段はあまりテレビを見ないほうなのですが
金曜日のこの時間は、ゆっくりソファに座って画面を見入る時間帯です。
posted by uskhikidashi at 10:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

竹とんぼ、打ち合わせ

12/3日(木)
昔あそびの会「竹とんぼ」の打ち合わせでした。
きょうは、先日、市から表彰されたAさんと、Nさんのお祝い会も
ささやかにスタッフ10名でしました。
パンとお菓子を食べながら、紅茶で「かんぱ〜い」
お二人は2002年に竹とんぼが立ち上がったときからのスタッフです。
本当に長年、子どもたちの為に頑張ってくださっています。
これからも一緒に地域を盛り上げていきたいです!

posted by uskhikidashi at 01:07| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

冬野菜は甘くておいしいです

12/2日(水)
ぽかぽか小春日和。
飼い犬はなのワクチン接種へ、歩いていきました。
わが町は坂が多く、ふとしたところから二上山、PL塔、あべのハルカス、
コンビナートの6本の煙突、等々が見えます。
はるか向こうに見える景色、そこでも同じ時間が流れているのだな、などと思いを馳せます。

     *

明日は雨の予報。
その前に、みかん畑へ行って残っているみかんを全て摘みました。
帰宅するとお友だちから自作の採れたて野菜が届いていました。
DSC_1745.JPG
みごとですね。
人参は岸和田生まれの「彩誉(あやほまれ)」甘くておいしいのです。
サトイモの親イモまで入っていました。
下仁田ネギは甘くて大好きです。

     *

秋頃、フルーツが「怖いじいさんがいてた」とその日の出来事を話してくれました。
電車内でフルーツの横に女子中学生が二人が座っていたそうです。
停車駅で、おじいさんが乗車し、その子達の前に立ったので、
彼女たちは席を譲ったそうです。
ところが「わざとらしい。座りたいのにイヤイヤってのが丸わかり。
最近の子はマニュアル通りにしかできへん」みたいなことを言い、
席には座らなかったそうです。
その後の中学生はうつむいたまま会話もせず、動かなかったそうです。
その話を聞いた後、朝日新聞10/29日に同じような投稿がありました。
20151202_092109.jpg
中学生は勇気をだして席を譲ったのに。まずは「ありがとう」でしょ!
と、腹立たしく残念な気持ちがしました。
今朝の朝刊で、その投稿の反響のすごさが紹介され、
最近、モンスター高齢者が増えているとのことでした。
確かに昔に比べると、若いですし、体力もあおりです。
こだわりや言い分も主張したいのでしょうね。
自分だったらどうするだろう、子どもの言い方や態度にも寄るけど、
「ありがとう」とまずは言いたい。
posted by uskhikidashi at 14:57| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬野菜は甘くておいしいです

12/2日(水)
ぽかぽか小春日和。
飼い犬はなのワクチン接種へ、歩いていきました。
わが町は坂が多く、ふとしたところから二上山、PL塔、あべのハルカス、
コンビナートの6本の煙突、等々が見えます。
はるか向こうに見える景色、そこでも同じ時間が流れているのだな、などと思いを馳せます。

     *

明日は雨の予報。
その前に、みかん畑へ。
残っているみかんを全てとりました。
帰宅するとお友だちからとれたての野菜が届いていました。
DSC_1745.JPG
みごとですね。
人参は岸和田生まれの「彩誉(あやほまれ)」甘くておいしいのです。
サトイモの親イモまで入っていました。
下仁田ネギは甘くて大好きです。

     *

秋に、フルーツが「怖いじいさんがいてた」と言いました。
電車内でフルーツの横に女子中学生が二人座っていたそうです。
停車駅で、おじいさんが乗車し、その子達の前に立ったので、
彼女たちは席を譲ったそうです。
ところが「わざとらしい。座りたいのにイヤイヤってのが丸わかり。
最近の子はマニュアル通りにしかできへん」みたいなことを言い、
席には座らなかったそうです。
その後の中学生はうつむいたまま会話もせず、動かなかったそうです。
その話を聞いた後、朝日新聞10/29日に同じような投稿がありました。
20151202_092109.jpg
中学生は勇気をだして席を譲ったのに。まずは「ありがとう」でしょ!!
と、腹立たしい気持ちがしました。
と、今朝の朝刊で、その投稿の反響のすごさが紹介され、
最近、モンスター高齢者が増えているとのことでした。
確かに昔に比べると、若いですし、体力もあおりです。
こだわりや言い分も主張したいのでしょうね。
自分だったらどうするだろう、子どもの言い方や態度にも寄るけど、
「ありがとう」とまずは言いたい。



posted by uskhikidashi at 00:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

肘、手首が痛い

12/1日(火)
きょうから師走。
それを聞いただけで気ぜわしくなります。
すれ違った女性二人組の会話。
「やることいっぱいあるのに、全然片付かへん」
「気いばっかり、あせるわ」
(おなじで〜す)と心の中で同調しました(笑)

     *

自転車をゆっくり漕いで郵便局と区役所へ。
桜の並木道、ケヤキの並木道、が続き、気持ちのいいこと。
区役所の窓口の女性に
「まえに素敵な洋服を着てらした方ね」と言われ、
思い出しました。
数年前の春です。
紺地に白い水玉模様のブラウスを着て行ったら「ステキに着こなしてる」と言ってくださったのです。
きょうも「素敵ね」と言ってくださって。
DSC_1736.JPG
20年前のニットジャケットに、娘のスヌード、
ふぁいやーさんからのおさがりのフェルトの帽子。
なんてことないコーデなのだけど、褒められると嬉しいものです。

帰り道、みかん畑によって、みかんを摘みました。
2級河川がそばを通っていてのぞいてみたら、
なんとカワセミが渡っていきました。
ラッキー♪
カワセミは幸せの青い鳥なんです!?
本当に冴える色をしています。

     *

肘の痛みが手首にまで来てしまいました。
車のハンドルも切るとき、痛いです。
何かの拍子に肘も手首も「いたっ」という感じ。
まずは肘を治さねば…友人が、進行すると手のひらにまで来るよ、と
実体験を教えてくれました。
マッサージの先生にも診てもらっていますので大丈夫です。



posted by uskhikidashi at 00:39| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする